集客サポートのサービスの種類と消費者に与える影響とは?

>

集団心理学で与える効果と上手に活用するためのコツ

集団心理学の効果について

集団心理学によれば、人は群れを見ればそこに群がりやすい傾向にあります。集客も例外でなく、多くのお客さんがいるのを確認すれば、興味や関心を抱いて群がる傾向が出ます。心理学用語にはバンドワゴン効果という言葉があり、特定の場所や商品に対して多くの人が支持をしていると、無関心だった人にも興味を抱かせる現象です。

集客サポートをする際に、特定のターゲットを絞り集客として来てもらうことにより、間接的ながら人への情報発信ができます。特に初めて利用する人は誰もいない所へ行くのは警戒しやすいですが、その不安を取り除ける効果が見込めます。

ただし、サクラのように不自然な形で集客しているのが人に伝われば、却ってマイナスの結果となります。集客サポートを依頼する際に、サクラの対策をしましょう。

上手に活用するためのコツ

影響力のある人が肯定的な評価をすれば、多くの人も同調する傾向にあるようです。集団心理学では同調現象と言われており、マーケティングや集客の際に活用するケースがあります。集客で店舗に来た人に対しても安心感を抱きやすくさせて、スムーズなコミュニケーションを図りやすくなります。

しかし、単に集客を集めても、店舗の商品が魅力的でなかったり、ターゲット層とのずれが出た時には売り上げアップに繋がりにくいです。

集客アップを図るのも大事ですが、消費者に提供する商品が魅力あるものを届けるようにすることが欠かせません。ある程度商品に自信が持てるようになり料金設定もできるようになってから、集客サポートを利用するのがおすすめです。場合によっては、経営コンサルタントのような専門家に事業経営の相談をするのも有効かもしれません。


TOPへ戻る