集客サポートのサービスの種類と消費者に与える影響とは?

>

集客サポートのサービスにはどのような内容があるのか?

WEBやSNSを活用する場合

ネットやSNSが普及する前における消費者の行動モデルは、広告や紙媒体、テレビ放送での宣伝が多く、認知・興味・欲求・記憶・購入というAIDMAの流れが主な形でした。現在では、認知と興味以降は、検索・購入・共有というAISISの考え方をする傾向です。その分、購入までのスピードや情報拡散も早くなり、上手に活用すれば高い情報発信の効果を得られます。

集客サポートにも活かされており、広告費の削減が図れます。SNSを使用する世代は若者が多いので、彼らをターゲット層にした情報発信がしやすくなります。拡散をしてくれると、幅広いターゲット層に情報共有ができます。

集客サポートを行う会社であれば、その道の研究をしている所が多いです。自分に合った所を選び、事業経営のプラス化に繋げましょう。

SNSを活用した集客を賢く行うためのコツ

SNSには様々な媒体があり、それに見合う使い方をする必要があります。集客サポートでの活用もありです。

例えば、ビジュアル重視のSNSでは、視覚的な情報を伝えると良いでしょう。ファッションや美容など、閲覧する人にインパクトを残せるような画像を投稿できれば、より高い情報発信効果を期待できます。

文字を打つのが主流なタイプであれば、商品の紹介以外に事例や豆知識のような使い方の情報も投稿することができます。また、拡散性が低いと炎上のリスクが下がるので、トラブル回避も見込めます。ただし、ターゲット層にずれがあれば、長文を最後まで読まれないかもしれません。

トークチャットタイプなら、お友達登録をしてもらい新商品やセールの情報を発信する流れとなります。1対1で進めることができるため、登録した消費者が直に見てくれる可能性が出ます。その分、高い認知効果が出るのが期待できます。


TOPへ戻る